散歩コース紹介(3) ショートその3

080701-1.jpg
スペシャル散歩コースのスタートだ(^▽^)


チャヌパパ
「お散歩コースシリーズも3回目。今日はスペシャルコースの紹介といこうかね(^o^)」
チャヌ
「ボク,あのコースは自由に走り回れるから大好きだよ(^O^)」
チャヌパパ
「ホントはノーリードは良くないんだけどね(^^;))。。」

 チャヌの住む団地は小高い丘の上を造成して出来ており,南側は結構急な斜面となっているが,その斜面の中程を東西に800m程の通路が走っている。これは斜面の管理用の通路で,普段人が通ることはほとんどなくて,格好のワンコの散歩道なのだ。
 まず団地の出入り口となる西側道路の脇から,狭い階段を使って斜面へ上がり,南斜面へ至る。ここから東に向かってコンクリートの通路が続いている(1枚目の写真)。

チャヌパパ
「さあ,ここでリードを外してあげよう(^^)」
チャヌ
「駆けっこする?」
チャヌパパ
「もう暑くなったからゆっくりとな(^-^;)」

 途中に小規模な墓地の脇を通り,数百mほど小走りすると,少し開けた場所に出る。植栽もされたわずかばかりの空き地だが,コンクリートの通路と違って,チャヌもクンクンに忙しい。


080701-2.jpg
ヒャッホウー!草の上は走るのが楽しいよヘ(*^o^*)ノ

 実はこの場所,平成2年9月の台風19号によって団地の南斜面が崩落した処なのだ。わが団地には被害者は出なかったのだが,斜面の下にあった民家が崩れ落ちた土砂に押しつぶされ,ご家族数人が亡くなった。その後斜面を改修し,管理用の通路として整備されたのが,この場所,この通路というわけだ。


080701-3.jpg
整備された崩落箇所 春と秋には町内で草刈りもします


チャヌ
「ボクが空き地でクンクンに夢中になっているとき,パパはこっそり先に行って隠れていることがあるよね(-"-;)」
チャヌパパ
「いくら呼んでも無視する時には時々な。パパがいないのに気づいてからのチャヌの慌てようは,見ていて面白いぞ(^▽^)」
チャヌ
「意地悪だなぁ~。ボクは捜すのに必死なんだから(*-゛-) 」

 時々このような例外はあるが,チャヌはノーリードでいても勝手に放浪して帰って来なくなるようなことはない。チャヌパパの歩きに合わせて,前後数mの範囲でついて歩くのが常である。呼べばすぐに帰ってきて,リードもすんなりと着けさせるのだが・・・。

チャヌパパ
(チャヌはしつけの行き届いたお利口犬だと自惚れていたが,先日のチャヌオバとのランの件を思うと,実は恐がりの『ヘタレ犬』ではないのかな(-。-)......ン?)
チャヌ
「パパ,何か言った?」
チャヌパパ
「いやいや,何も。さあ,先に進もうか(^-^;)」

 空き地から東への通路はアップダウンが激しく,人が歩くには少々辛いのだが,チャヌにとっては楽しい道のようだ。通路の脇には梅や桃の木が植えてあり,花や実が目を楽しませてくれる。


080701-4.jpg
写真では判りにくいが,結構な坂道である


080701-5.jpg
東の端にある団地に上がる階段に着く


 通路は東の端で行き止まりとなり,団地へ上がる階段に着く。この階段はなかなか急勾配で,高低差が10m程もあるから段数も多いのだ。コギには階段の上り下りは良くないというが,チャヌは階段が大好きときている。足腰はしっかり鍛えられているようだが,果たして良いのか悪いのか・・・? 
このコースは,(1)階段を上って団地内を帰る,(2)東端の手前で南へ降り,下の集落を通って帰る,(3)来た道を引き返す,というバリェーションがあり,いずれも所要時間は30分程である。
 さてこのコース,チャヌは自由に出来て嬉しいのだが,途中に墓地や竹藪があったり,何より高低差がきついことから,チャヌママは決して行こうとはしない。チャヌパパもさすがに日が暮れてからは行かないが,少しチャヌを自由にしてやりたいときに使うコースである(*^o^*)



《面白画像シリーズ》

080701-6.jpg
お友達から頂いた立派なスモモ 心の綺麗な人には『チャヌウナギ』が見えるかも? 







続きを読む

テーマ : ウェルッシュ・コーギー
ジャンル : ペット

クンクン,パクッはご勘弁(^_^;)

080704-1.jpg
散歩デビュー間もない頃 生後135日(体重9kg)


 犬の散歩には二通りの意味があるそうだ。
 一つ目は『運動』で,コギの場合は体格の割りに運動量が必要だと言われる。だから,それなりの時間・距離を歩かせてやらねばならないが,中年の勤め人としてはせいぜい朝の30分が限度であるし,チャヌと一緒に走ったりしたら,その日は仕事に行く気も失せてしまう(^^;))。チャヌママも何かと(何かとと言った場合,大抵下らない理由のことが多いが・・・)忙しく,夕方の散歩も30分程度である。だから1週間分の運動をまとめてやらそうと,毎週のドッグラン通いとなるのである(^-^;)
 二つ目が今日の主題の『興味』である。
思い起こせば散歩デビューを果たしたその日から,散歩中のチャヌの鼻先は地面と1センチ以上離れることは稀であった。元々頭の位置が普通の犬より低いせいか,常に前傾でクンクンと匂いを嗅ぎながら歩くのだ。ほかの犬の匂いや,草木,ミミズの干物に至るまで,様々な情報を匂いからインプットし,飽くなき好奇心を満足させているのであろう。つまり,『運動は肉体的欲求』を『興味は精神的欲求』を満足させているということらしい。


080704-2.jpg
クンクン・・・誰の匂いかな?

チャヌパパ
「チャヌの精神的欲求ってのは,何であんなに低レベルなんだ(^_^?) 他の犬のオシッコの匂いは仕方ないとしても,ミミズやカエルの干物の匂いはどうかと思うが・・・(^_^;)」
チャヌママ
「そうそう,干物もだけど,道端に落ちている小枝をポリポリ食べるのも止めて欲しいわ(^0^; )」
チャヌパパ
「干物や小枝ならまだ良いさ。チョット気を抜いた隙に,犬のウンチをパクッってやったときは慌てたぞ(^_^;) すぐにチャヌの口に手を突っ込んで取り出したけど,自分の右手を見て,匂いを嗅いで情けなくて泣きたくなったよρ(--、) 」


080704-3.jpg
木切れを噛み砕くチャヌ ※ウンチを食するシーンの画像は残っておりません(^_^;)

チャヌオバ
「拾い食いをさせないためには,リーダーウォークが良いのよね(^o^)」
チャヌパパ
「そうだな。左側にキチンとついて,主人を意識しながら歩く姿はカッコ良いし,第一安全なんだよな(^o^)」 
チャヌママ
「でも,チャヌは匂いを嗅ぎながら前に引っ張るか,後ろに遅れるかのどちらかで,横になんかついてくれないわ(ノ_-)」
チャヌパパ
「それはチャヌに散歩されているんだよ(^_^;) チャヌが引っ張って行こうとしたらUターンすれば良いのさ。顔を見ながらついてくるようならご褒美をやるんだ。」
チャヌオバ
「スゴイ!チャヌパパはリーダーウォーク出来るんだ(*^o^*)」
チャヌパパ
「エヘン(^-^)V・・・と言いたいが,「ツイテ」のコマンドで一応横について歩き出すけど,歩きながら少しずつ前へ出て行ってしまうんだ。おやつの気配がしたら,慌ててもとに戻るけどね(^_^;)」
チャヌママ&チャヌオバ
「それって,ダメじゃん(^O^;)」


080704-4.jpg
おやつですか? ビスケも良いけど,たまにはジャーキーも下さい(^o^)

 散歩の目的が『運動』だけなら,リーダーウォークを徹底して30分間ひたすら歩けば良いだろうが,どうもチャヌの場合は『興味』の方に気が向いているようだ。歩くのが嫌いな訳ではなく,それどころか,こちらが根を上げなければいくらでも歩く。それでも気ままにさせておけば,あっちをクンクン,こっちでクンクン,時にはパクッっと・・・,人間の方にストレスが溜まりそうになっていた。
 そこで,御津の動物愛護センターでの「犬のしつけ方教室」に参加したとき,トレーナーさんに「散歩のあり方」について質問してみた。

チャヌパパ
「犬の散歩は運動だけでなく,興味・好奇心を満足させてやる面もあると思いますが,あまりに拾い食いがひどいのです。いつも「ダメダメ」と言っていると,犬も人間も散歩がつまらなくなってしまうのですが?」
トレーナーさん
「道端に落ちているものの拾い食いはもちろん,草にだって除草剤が撒かれているときもあります。今の散歩コースは犬にとって危険がいっぱいなのです。リーダーウォークで散歩するというのは,愛犬を危険から守ることでもあるのです。でも,犬は色々な匂いを嗅いで情報を得て満足することも必要です。そこで,日々の散歩コースの中で,ここは安全だと飼い主さんが判断したところを何カ所か決めて,そこはワンちゃんに好きにさせてあげたら良いでしょう。ようするに,『運動』と『興味』のメリハリをつけて散歩させるということです。」

ポトッ・・・!(目から鱗が落ちた音)

 翌日からのチャヌとの散歩は,ずいぶん気楽に,そして楽しくなった。それはチャヌも同様であったろう。
 チャヌも1歳を過ぎた頃から,拾い食いに対する心配は減ったように思う。人間が先に気づきさえすれば,「ダメ!」のコマンドで顔をそむけるようにもなった。
 それでも先日,うっかりよそ見をしていた隙に,放置ウンチをくわえてしまった。「ダメ!放せ!」と言うと,乾燥ウンチだったことも幸いし,ポトンと落として事なきを得たのだった・・・が・・・(^。^;)

チャヌパパ
「ただいま~。散歩から帰ったよ(^o^)」
チャヌオバ
「チャヌ,お帰り~♪ さあ,いつものようにチューしましょうo(*^▽^*)o~♪」



080704-5.jpg
この世の中には知らない方が幸せな事も沢山あるよな(^^ゞ



《面白画像シリーズ》

080704-6.jpg
「花かまくら」のわらび餅 「きなこ」に改名しようかな(^m^) 




続きを読む

テーマ : ウェルッシュ・コーギー
ジャンル : ペット

遊びは大好き(ロープ編)

080707-1.jpg
日曜日のラン(1)  チャヌパパと一緒にジャンプ!! ナイスショットd(*^0^*)d


080707-2.jpg
日曜日のラン(2)  チャヌにソックリのバディ君と♪(どっちがチャヌでしょう?)
                            (いずれもブラン君パパさん撮影)



 ワンコは遊び好きであるが,チャヌの場合は一人遊びが全くと言ってよいほど出来ない。チャヌパパ達が相手をしてやれない時は,ソファーや床に寝そべって,目だけ動かして人の動きを追っているが,チャヌオバの食事が済んで,箸を置くのを見計らってオモチャを持ってくるタイミングにはいつも感心する(^-^;)

チャヌオバ
「ごちそうさま(^o^)」
チャヌ(寝ていたソファーから飛び降りて・・・)
「待ってたよ。さあ遊べ(^^♪)」
チャヌオバ
「・・・んもぅ~,チャヌったらぁ~。仕方ないなぁ~(^O^;)」
チャヌ
「ボールにしようかな?ロープにしようかな?」

 チャヌが道具(オモチャ)を使って人間と遊ぶのは,ボール遊びかロープ遊びと決まっている。この二つは本当に大好きで,『ボールバカ』,『ロープバカ』と呼ばれるほどだ。
 今回はチャヌの『ロープ遊び』について紹介しよう。

 チャヌが遊んだ最初のロープ系のオモチャは『タオルハンカチ』や『ふきん』だった。人や家具をかじらせないために,好きにして良いと与えたオモチャの一つである。引張りっこはもちろん,中におやつを包み込んで軽く結んで与え,口と手でほどけば食べられる遊びなどにも使った。


080707-3.jpg
結んだふきんで遊ぶチャヌ

 次に使ったのは通常のタオルの片方を団子結びにしたもの。結んだ側をチャヌの目の前にぶら下げて,ブラブラ揺らして誘ってやると飛びついてくる。団子をくわえると振り回して遊ぶのだが,まだ乳歯の頃には柔らかいタオル生地がクッションになって具合が良かったと思う。
 1歳近くなって力も強くなってくると,タオルは簡単に引きちぎり出したので,ペットショップでロープのオモチャ(左右を団子にして骨様の格好にしたもの)を買ってやったが,ものの30分程で真っ二つにされてしまった(^O^;)

チャヌ
「エヘッ,やっちゃったぁ~(*^o^*)」
チャヌパパ
「どう思う,この得意そうな顔( -_-)」
チャヌママ
「本当に! いったいいくらしたと思っているのかしら。ペットのオモチャってずいぶん高いのに(*-゛-)」
チャヌパパ
「今度からはチャヌオバが買ってやれ(^.^)」
チャヌオバ
「私だっていやよ~。30分しか保たないオモチャに大金使うのは(ノ_-)」

 いろいろなワンコのブログを拝見すると,コーギーの場合はほかの犬種比べてオモチャを破壊する子が多いと感じるのだが。それとも,我が愛犬チャヌに特化した特徴なのだろうか(^_^?)   
 ロープで遊ぶのが大好きなチャヌだから,ロープを与えないわけにはいかないが,家計に響くのも困りもの・・・と言うことで,出した結論は『ホームセンターの巻売りロープを使う』ことだった。直径12ミリの綿ロープを20m巻で買ってきて,適当な長さににカットして両端に結びコブを作ってやると,ペットショップの数分の1のコストで立派なオモチャの完成だ。長いのも短いのも自由自在というのもメリットだ(^-^)


080707-4.jpg
巻売りロープと手製の完成品

 このロープの一方を持って,チャヌの目の前で動かしてやると,まるで獲物に襲いかかる獣のごとく襲いかかってくる。簡単には捕らえられないように振り回してやるのだが,短足胴長犬のくせになかなか俊敏で,こちらの動きを読むような真似もするものだから,結構簡単に捕らえてしまう(^O^;)



※チャヌがロープを狩る様子を動画で見るのはこちら




 しばらく遊ばせると「はい,おしまい!」と言って,ロープはチャヌの口の届かない所へ片づけるのことにしているが,時々チャヌママやチャヌオバは持たせたままで忘れる時がある。そのような時はロープをソファーの影に持ち込んで,嬉々として囓り切る仕事に熱中しているようだ(^^ゞ)


080707-5.jpg
熱心に仕事中のチャヌ


080707-6.jpg
チャヌの仕事前と仕事後のロープ

 ストレスの解消にもなるので,たまにはロープ囓りも良かろうと思うのだが,翌朝オシリの穴から垂れ下がったウンチ付きロープの端切れを見るたびに,激しく後悔するチャヌパパだった。。。ρ(--、)






続きを読む

テーマ : ウェルッシュ・コーギー
ジャンル : ペット

遊びは大好き(ボール遊び室内編)

080710-1.jpg
仲良しのソラちゃんとボールの獲りっこ(^O^)

 この度,フォトコンテストにめでたく入賞し,7月9日から15日にドッグストリートのタイトルページをチャヌが飾ることになりました(*^o^*)応募の数日前に行ったランの写真の中に,たまたま,偶然,どまぐれで撮れていた写真ですが,飼い主が見ても驚くほど真剣なチャヌの姿です。この写真からも判るとおりの,『ボールバカ』なチャヌの様子を紹介します(^^♪


 ワンコのオモチャの中でも,ボールは最もポピュラーなものである。くわえて走ったり,じゃれてみたり,ただひたすら囓って破壊したり・・・と遊び方はいろいろとあるけれど,大抵のワンちゃんはボール遊びが好きなようだ。
 我が家でも早くからチャヌにボールを与えたが,最初のボールは100均で買った硬式テニスボールだった。ただし,このテニスボールは短命であり,黄色い毛の部分をすべて削り取られて丸裸という,まるで『因幡の黄ウサギ』のようになってしまった(^_^;)
 それからも何個か笛付きのワンコ用ボールなどを与えてはみたが,笛を取るのに夢中になったり,バラバラに破壊することに精力を傾けていた。。。ρ(--、)


080710-2.jpg
破壊魔チャヌ 既にボールの表面はハゲハゲだぁ~(^-^;)

チャヌパパ
「いつ頃からかなぁ~,チャヌが『ボール持って来い』が出来るようになったのは?」
チャヌママ
「確か,4か月になる前くらいだわ。○平兄ちゃんが何気なく「持って来い!」ってボールを転がしたら,まぐれで持って来たのよ(^O^)」
チャヌオバ
「ビックリして,慌ててチャヌを誉めまくって,ご褒美やりまくったよね(^o^)」
チャヌパパ
「忘れていたけど,意外に早かったんだな(^o^)」
チャヌオバ
「最初の頃は持ってきてもなかなか放さなかったわね。無理矢理取り上げたら,取り返そうと飛びついたりしたわね(^_^;)」
チャヌママ
「そうそう(^_^;) でも,すぐ投げてもらえると判ったら,ポイッと口で投げて返すようになったわね(^o^)」


 ボールで遊ばせるメリットは,人間は動かずに犬だけ動かせば良いことと,広い場所でも狭い屋内でも状況に合わせた遊び方ができることだ。 
よく『底なしの体力』などと表現するが,コーギーとの遊びにつき合っていると,相手の体力が底に達するずーっと前に人間の方が息が上がってしまう。ボールを投げて「持って来い!」などと偉そうな遊ばせ方ではあるが,背に腹は換えられない。
 ボール遊びの場所も,最初のうちは狭~いリビングのみであった。転がるボールを勢いよく追うものだから,ガラス戸にぶち当たらないか心配もしたが,すぐに加減を覚えたようで,現在に至るまで流血は見ていない。
 『ボール持って来い』の次に覚えたのは,『キャッチ』である。ある時,『持って来い』をさせるために投げたボールを,いきなり空中で咥え獲ったことがある(いわゆるインターセプトってやつだ)。ならばとチャヌの目上にボールを軽くなげてやると,ジャンプして獲るではないかw(0o0)w  

チャヌパパ
「待っていれば落ちてくるのに,何で必ずジャンプするんだ(^_^?)」
チャヌママ
「本当に!腰を悪くしそうで怖いわよ(^O^;)」
チャヌ
「一瞬でも早く捕らえようという集中力のなせる技さ(^-^)V」


080710-3.jpg
これもなかなかの決定的瞬間?

 次に出来るようになったのは『キャッチ』のショートバージョンである。チャヌパパの目の前にお座りをさせておいて,目の前に軽くボールを投げると,見事に「パクッ」っと咥えるのだw(0o0)w  距離は30~50センチ程しかないのに,我が犬ながら見事な反射神経だと感心する。


※ チャヌのボール遊びの動画はこちら


(何度もNGが出て撮影用が長引いたため,少し集中力を欠いています_(^。^;)ゞ)


チャヌの室内でのボール遊びはこの3種類だが,飽くこともなく遊んでいる。暇そうな相手を発見すると,咥えていたボールを目の前にポトンと落として,「さあ遊べ」と催促をする。「(今は遊んでくれないな)」と感じると,ボールを顔の脇に置いて寝そべって,恨めしそうな顔をしてこちらを見ている。


080710-4.jpg
ロープでもボールでも,どっちでも良いから遊んでよぉ~(^人^)

 やはり,このような時に最初に負けるのはチャヌオバで,チャヌの『第3のオモチャ』と呼ばれるゆえんである(^_-)ネッ


※ 次回はドッグランでの『ボールバカ』ぶりを紹介しようと思います(^-^*)/





080710-5.jpg
『つるなし朝顔』 をご近所の方から頂きました(*^o^*) 



080710-6.jpg
切り戻しをして,2度目に咲いた『ミリオンベル』も満開です(^▽^)




続きを読む

テーマ : ウェルッシュ・コーギー
ジャンル : ペット

遊びは大好き(ボール遊びドッグラン編)

080713-1.jpg

「昨日もランヘ行ってきたよ(^o^) でも,暑かったぁ~(^O^;)」


 チャヌは,狭い家の中と違って,思いっきり走り回れるドッグランが大好きで,最近では,ほぼ毎週(土,日曜のいずれかに)ランヘ通っている。昨日の土曜日も御津のドッグランへ行ってきた。朝からとても暑い日で,集まってきたのは常連さんばかりだった。ソラちゃん,ジロカンさん,ブラン君,ネネちゃん,お疲れ様でした(^O^)
 ランでワンコがすることといえば,アジリティ,駆けっこ,散策・・・,そしてボール遊びであろう。チャヌは,ランでのボール遊びの『持って来い』が大好きである(^o^)


080713-2.jpg
ランヘ着くなり「ボール取って!」はいつもの光景 横でサエちゃんが呆れ顔(^-^;)

チャヌママ
「さあチャヌ,投げるわよ(^o^)」
チャヌ
「えーっ,パパが投げてくれるんじゃないの。ママは遠くに投げれないから面白くないよ       (-。-)」
チャヌママ
「パパは写真撮影よ。後で交代するから我慢しなさい(^_-)ネッ」
チャヌ
「はーい(^O^) じゃあ,早く投げて!」

 お座りをさせておいて,「持って来い!」のかけ声でボールを投げると,それは素晴らしいダッシュでボールを追う。コギ同士で比べたことはないが,チャヌは足は速い方だと思う。ボールに追いつくと,たまに空中でキャッチ出来ることもあるが,大抵は勢い余って行き過ぎてしまう(^_^;)


080713-3.jpg
「あっ,行き過ぎた(^O^;)」

 ボールを捕まえると持って帰って投げ返すのは室内と同じだが,異なるのはテンションの高さである。「さあ,次投げろ!」という気持ちが先走って,投げ返すコントロールが定まらない。投げるのをグズグズしていると,ボールに向かって飛びついて来てしまう(-"-;) これは厳しく躾け直したいところだが,なかなか上手くいっていない(ノ_-)

チャヌパパ
「涼しい頃には十回くらい繰り返していたのに,暑くなってくると2,3回走るとチャヌもベンチ入りだな(^_^;)」
チャヌママ
「投げた方に帰ってこないで,ボールをベンチ下に持って入ってしまうわね(^_^;)」
チャヌパパ
「まっ,そのうち「投げて」って出てくるだろ(^-^)」


080713-4.jpg
疲れるとベンチの下へ 他のワンコに取られまいとの気持ちもあるようだ(^_^;)

 御津のランでチャヌと並ぶ『ボールバカ』は黒ラブのネネちゃんである。以前は2匹は別々に『持って来い』をしていたのだが,最近は一緒にひとつのボールを追うことが多い。ネネちゃんの方が足が早い(長い)せいか,ボールを取るのには四対六程でチャヌの分が悪い(^_^;)
 たいていはチャヌとネネちゃんの『タイマン勝負』だが,時々治朗さんや歓太君も参戦することもある。大型,中型が勢い余って行き過ぎている隙に,歓太くんがボールをさらっていくシーンは微笑ましい(^-^)


080713-5.jpg
チャヌVSネネVS治朗の勝負 珍しくチャヌの勝ち\(@^▽^@)/ 



※ランでの『ボール持って来い』の動画です。上手く持って帰ることも出来るけど,暑くてバテれば日影へ直行(^_^;) 普段吠えないチャヌだけど,ネネちゃんと競っているときには声が出ます(^O^;)





 土曜日にはランの帰りに,岡山のラン仲間のブログ記事でお馴染みの『まつだ牧場』へ寄ってみました。この日はとっても暑くてジェラート日和♪ ソラちゃん&ジロカンさんちも一緒です(^o^)
 噂の『ジェラート』,チャヌパパはミルク味,チャヌママは甘なつ味を選びましたが,どちらも大変美味しかったです(^O^)
ジェラートの後はヤギさんとウサギさんに挨拶をしましたが,ここは牧場で,目の前に牛さんがいるとなると,コーギーは会わずには帰れない。しかし,すぐ近くで放牧している牛はいなかったので牛舎を訪ねてみることにしました。


080713-6.jpg
「はーい,初めまして(^O^) ボク,チャヌでーす(^-^*)/」

 警戒心なくヘラヘラと寄っていくチャヌには,『牛追い犬』のプライドのかけらも見えませんでした(^_^;) ご先祖様は泣いてるぞ。。。ρ(--、)







続きを読む

テーマ : ウェルッシュ・コーギー
ジャンル : ペット

初めてのドッグラン(前編)

080716-1.jpg
ランのベンチ下は,最初からお気に入りだったね(^-^;)

 
 チャヌと一緒に御津にある『岡山県動物愛護センター』へ初めてへ行ったのは,ちょうど2年前の今日(7月16日)のことだ。
 ちょうど一月前にお散歩デビューを果たし,チャヌも飼い主も屋外へ出ることが楽しくてしょうがない。朝の散歩の時,我が団地に唯一ある小さな公園で,木の枝を使って『持って来い』の練習も始めた頃だった。

チャヌパパ
「チャヌはなかなかアクティブな犬のようだぞ。もっと広い所で,自由に伸び伸びと走らせてやりたいなぁ(^^)」
チャヌママ
「じゃあ,安全にノーリードに出来るところを探さなきゃ。こんな時のためのインターネットでしょ(^.^)」
チャヌ
「そうだ,そうだ!裸のお姉さんばかり見てなくて,ボクの為にドックランのある所を探してよ(^_-)」

 コーギーを飼おうと決めて県下のブリーダーを探している際に,『岡山犬人会』なるHPがあったのを思い出した。リンク集の「ドッグラン」の中に紹介されていた岡山県下の施設の中に,『岡山県動物愛護センター北広場』が載っていたのだ(^O^)

チャヌパパ
「この愛護センターは我が家から近いし,まだ新しい施設のようだから綺麗だぞ。」
チャヌママ
「良いわねぇ。じゃあ,今度の日曜日に行ってみましょう(^o^)」

 我が家から国道53号線を北へ15分程走り,旭川に架かる金川大橋を渡って東へと数キロ進んで案内板を見て左折,小さな橋を渡って右折し,後は川沿いに走ると右手の丘に『岡山県動物愛護センター』が見えてくる。結構広い敷地の中に,大小の広場や管理棟,保護棟などが配置されている。中央にある一番大きな建物が愛護館で,センターと併設されている県の外郭団体『岡山県動物愛護財団』の管理する所のようだ。
 ドッグランは年末年始を除いて年中無休で利用でき(^O^),利用の申し込みは月曜と火曜以外は愛護館で受け付てくれる。受付を済ませると,早速ドッグラン(北広場)へと向かう。 


080716-2.jpg
「うわぁ~,広いなぁw(^o^)w 」

チャヌパパ
「他のワンコもいるかと思ってたけど,誰もいないな(^_^;)」
チャヌママ
「そうね。お友達と仲良く出来るか心配だったけど拍子抜けね(^0^;) でも,貸し切りで自由に出来て,かえって良いんじゃない。ネッ,チャヌ(^^)」


080716-3.jpg
「ホリ,ホリ・・・,楽しいな(^O^)」 「お前はモグラか(`O´*)」

 こんなに広い場所でのノーリード経験したことなく,チャヌは喜んで飛び回るのかと思いきや,トコトコと周辺散策をした後はベンチ下に潜って地面を掘り出した。

チャヌパパ
「ちょっと期待はずれだなぁ~。ワンコって自由になると駆け回るものだと思ってたよ。」
チャヌママ
「まあ,今日はちょっと暑いしね。お友達がいたら駆けっこ出来たかもしれないわ。」
チャヌパパ
「でも,犬なんだぞ! 子供の頃飼ってた『ロン』なんて,鎖から離れたとたんにすっ飛んで行って,呼んでも帰って来なかったもんだ。」
チャヌママ
「それはうちの『ナオ』も一緒だったわ。それに,呼んでも帰って来ないのは困るでしょう。」
チャヌパパ
「そうそう。ロンはおやつで釣って近づいて来ても,首輪をつかむ前に身をひるがえして逃げて行くんだものなぁ。それを思えば・・・」


080716-4.jpg
「(やれやれ・・・,勝手なことを言ってるなぁ)」

 期待はずれのチャヌの行動に混乱気味のチャヌパパ&ママの脇で,チャヌは地面に掘った穴に寝そべり,「アヘーッ」とくつろいでいた。

チャヌ
「後編はボクのアジリティーデビューだよ(^O^)」



080716-5.jpg
友人に頂いたブドウ『翠峰』

 一見マスカットに見えますが,ピオーネと巨峰の親をかけて作られた品種だそうです。初めて食べましたが,種なしで,糖度は高いのにさっぱりとした甘さのブドウです(^O^)



080716-6.jpg
同じく友人に頂いた『桃のシロップ漬け』

 桃の種類は『加納岩(かのいわ)白桃』だそうで,岡山南部で採れる白桃のうちでも,出荷の早い種類だそうです。熟れすぎで出荷出来ない桃で作られたそうで,食感は缶詰の桃みたいだけど,甘さを控えてレモン風味を加えてあり,とても美味しかったです(*^o^*)
 そして,いよいよ今月末から桃の王者『清水白桃』の出荷が始まります\(@^▽^@)/






続きを読む

テーマ : ウェルッシュ・コーギー
ジャンル : ペット

初めてのドッグラン(後編)

080719-1.jpg
「どう?インテリっぽく見えるかな(^0^? 」 チャヌオバの(?)眼鏡を借りて・・・


 前編で紹介のとおり,初めてのドッグランでは飼い主の期待に反して動きの鈍いチャヌであった。しかし,『ドッグラン=犬が走る』『ドッグラン=アジリティ』という単純思考の飼い主が,目の前に並んでいるアジリティの用具を放っておけるはずはない。

チャヌパパ
「チャヌや,見てごらん。楽しそうな遊具がいっぱいあるよ(^o^)」
チャヌ
(ホリ,ホリ・・・)
チャヌパパ
「こりゃダメだな(^_^;) よーし,リードを着けてやらせてみよう!」

 リードを着けられたチャヌは,シブシブとアジリティ用具に向かうチャヌパパについてくる。

チャヌパパ
「さて,どの種類からやってみようかな。」
チャヌママ
「トンネルなんか楽しそうね。それとも,チャヌはジャンプは出来るかな(^_^?)」
チャヌパパ
「スラロームなんか簡単だろう。リードで誘導すれば良いんじゃないか(^^)」

 直列に並んだポールを交互にすり抜けるだけだから・・・と思うのは安易な考えであることと直ちに思い知らされた。押しても引いても,チャヌは一向に言うことは聞かない(^O^;)


080719-2.jpg
「何だよー,この棒は(-。-)......ン?」

 何とか少しでも出来ないかと,なだめたり,オヤツでご機嫌を取ったりして粘ってはみたが,とうとうチャヌは地面にへたり込んでしまった(ノ_-)


080719-3.jpg
「もう嫌だよー!!」

 これ以上しつこく続けて,ドッグランやアジリティに悪い印象を持たせてはいけないので,スラロームはここで諦めた(^_^;)

チャヌパパ
「意外とスラロームは難しいな。どれかチャヌでも出来そうなのはないかな?」
チャヌママ
「そうね。最初は簡単に考えていたけど,今のチャヌの態度を見ていると,どれも難しそうに思えてきたわ(^_^;)」
チャヌパパ
「あの一本橋みたいなやつ(ドッグウォーク=歩道橋)はどうかな?真っ直ぐ歩いて行くだけだから,オヤツにつられれば出来ないかな(^-^?)」
チャヌママ
「オヤツにばっかり注目していると,足を踏み外さないかしら?」

 チャヌは渋々ながらも食い気には勝てず,誘導されるがままにドッグウォークまでやって来た。そして,鼻先のビスケットを追って,最初の坂を登り始めた。

チャヌママ
「まあ,登ってるわ!チャヌ,上手よ~w(^o^)w」


080719-4.jpg
「うわぁ!高いなぁ~。怖いよ~(^O^;)」

 チャヌは坂を半分ほど登った所で自分のいる場所に気づき,高さにビビってしまったのか途中で止まってしまい,そこから先には進もうとはしなかった。ここでも悪い印象は持たせまいと,「良くここまで登ったね(*^o^*) 」としっかり誉めて,抱っこして降ろしてやった。
 暑い最中でもあり,チャヌの初ドッグランは30分程で終了した。現在のチャヌからは想像も出来ないほど地味なランデビューだったが,一緒に遊べる友達がいたり,もう少し気候が良かったりしたら違った様子になっていたかもしれない。


 今ではシーソーとスラローム以外は,何とか真似ごとは出来るようになったが,鼻先にオヤツがないと本気モードにならないことと,一緒に走っているとき足元にまとわりついてくることが難点である。

チャヌママ
「何で,バーを跳ぶときや走っているときに,足に絡んでくるのよ(-"-) 」
チャヌ
「ご先祖様から受け継いだDNAのせいさ(^o^)」
チャヌパパ
「アジリティでは人間が犬に指示を出して誘導するけど,コギのDNAは,コギが牛を誘導するようになっているんだもんな(^o^)」
チャヌママ
「じゃあ,私がチャヌに誘導されている訳(^_^?)」
チャヌ
「そうさ。ママ,次はトンネルくぐりだよ。しっかり頑張ってね(^o^)」
チャヌママ
「......(((^。^;」


080719-5.jpg
牛を誘導しているつもりのチャヌ (牛と言うよりヤギだなぁ~(^_^;))






080719-6.jpg
庭のひょうたん池に『カモンバ』の花が咲きました。




続きを読む

テーマ : ウェルッシュ・コーギー
ジャンル : ペット

御津のサマータイム

080725-1.jpg
「何しているの?」「い・・・今はダメ!動けない(^^;)」 (ブラン君パパさん撮影)


 7月20日から8月3日の間,御津のドッグランでは『サマータイム』が実施されている。チャヌパパの記憶が確かならば・・・,サマータイムは昨年から実施が始まった。


080725-2.jpg
愛護センターからのサマータイムのお知らせ

 昨年7月の初めだったか,ランの帰りに,センター職員のお姉さんから聞かれたことがある。

お姉さん
「暑い時期のラン利用は,飼い主さんもワンちゃんも辛いので,利用時間をずらそうと考えています。チャヌちゃんちは,朝を早くするのと夕方の時間を遅くするのと,どちらが良いですか?」
チャヌパパ
「それはありがたい事です。我が家は30分程度で来れるので,気温が上がらない早朝のほうが良いですね。でも,遠くから来られる常連さんも多いですからね。」
お姉さん
「そうなんですよ。朝も夕方も時間をずらせれば良いのですが・・・。参考にさせていただきます。」

 結局,昨年から早朝時間及び延長時間を取り入れたサマータイムが実施されている。わずか2週間限りのサマータイムであるが,職員の方にとっては正規の時間を超えての勤務になる。ランの利用者にとってはとっても有り難いことと感謝し,しっかり利用させていただこうと思っている(^O^)

 さて,夕方のラン様子は,既に御津のラン友の方が報告されているので,我が家は早朝の様子を紹介しよう。
 7月20日はサマータイムの初日,朝の散歩も省略して御津へと急ぐが,天を仰げば青空が広がり,既に強い日差しが降り注いでいる。8時過ぎに到着すると,既にブラン君が来られていた。我が家に続いてウニちゃん,レオン君&ショコラ君の常連組が集合した。しばらくして,ラン初体験である(多分)ヨーキーとトイプードルのMIXのピス君も来られ,結構にぎやかな早朝ランと相成った(^^♪)
 チャヌはやっぱりボールを出せとの催促。デジイチのバッテリー充電を忘れていたチャヌパパは,撮影をブラン君パパさんにお任せして(厚かましくも,後でメールで送ってもらう魂胆である(^^;)),今日はボールを投げるのに専念だ。


080725-3.jpg
ボールを追うチャヌ (ブラン君パパさん撮影)   ※クリックで拡大します。

 この日のチャヌは,最近はチャヌママがボールを投げることが多かったせいか,それとも暑さで呆けたのか,チャヌパパが投げたボールを取りには行くが,チャヌママの所に持って帰って行く。そしてやっぱり,2,3回遊ぶとベンチ下へ直行してしまう(^0^; )
 しばらくして,小型犬のエリアからブラン君パパさん&ママさんの呼び声がする。ランの一番奥側になるその場所は,朝は山の影になっており,日陰に入れば気温が数度は低く感じられるようだ。早速に人もワンコも大移動である。

チャヌママ
「あー,涼しい。ブラン君パパさんの言うとおり,感じる温度が全然違うわねぇ~(^^♪)」
チャヌパパ
「小型犬エリアは普段は立ち入ることがないけど,奥まで行ってみると結構広いなあ。チャヌの『持って来い』も十分に出来るぞ(^o^)」
チャヌ
「じゃあ,ちょっとやってみるよ。ボール投げて(^^♪)」
チャヌパパ
「すぐにヘタリ込むんじゃないぞ(^_^;)」

 大移動してすぐにブラン君のお友達のキャンディちゃん(ボーダーコリー)が来られ,ブラン君は大喜び。でも,やっぱり暑くて,ワンコも人も木陰に移動してしまう(^-^;)


080725-4.jpg
ブラン君ママさんに撫でられてウットリ・・・「あっ,ボクのママだぞ!!」 (チャヌママ撮影)

 この日のランでは,とっても珍しい光景を見ることが出来た。チャヌとブラン君の距離が,いつもよりずっと近づいていたのだ。そして,とうとう近づきすぎて,お尻がピッタリのグッドショットまで実現した\(@^▽^@)/


080725-5.jpg
お知り(お尻)合いの2匹  手前はピス君 (ブラン君パパさん撮影)

 とうとう2匹に熱い友情が芽生えたのか,それとも単に少ない木陰を取り合っての結果なのか,その真相は次回のランで明かされる!!・・・かもしれない(^^♪)




 22日の更新予定を1回飛ばしたり,先週のネタを今頃記事にするのには訳がある。実は,今週チャヌパパは労組の大会に参加のため,滋賀県長浜市へ行っていたのだ。
会場&宿のすぐ隣には,豊臣秀吉の最初の居城である長浜城を中心とした豊公園もあり,琵琶湖の眺望も素晴らしかった。ただし,おバカなチャヌパパは,用意しておいたコンデジを持って来るのを忘れてしまい,せっかくの風景が携帯で撮った写真しかないのが残念だ(>_<)


080725-6.jpg
1 ホテルからの琵琶湖の眺め  2 琵琶湖畔から北を望む 
3 太閤井戸            4 昭和58年に復元された長浜城  ※クリックで拡大します。


 長浜は歴史のある城下町であるし,町並みのイメージを統一して様々なお店やガラス工房などを集約した『黒壁スクエア』など,見所の多い街のようである。今回は日程がタイトなため観光は全く出来なかったのが心残りだが,是非近いうちに,チャヌママ&チャヌと一緒にデジカメを持って訪れたいと思っている。





続きを読む

テーマ : ウェルッシュ・コーギー
ジャンル : ペット

太鼓判(^o^)

080728-1.jpg
2年前の7月28日のチャヌ(体重10.5kg) まだ幼さが残る顔つきだね


 土曜日の夕方に,ワクチン注射のためにかかりつけの動物病院へ行った。近所にある動物病院だが,チャヌが我が家に来て以来のお付き合いである。
 いつもは待ち時間があるので,チャヌママが受付をして待合いで順番待ち,チャヌとチャヌパパは車で待っていることが多いのだが,今日は夕方の診察の1番乗りで,すぐに診察室へ呼ばれた。ここ最近は診察室に良い印象を持っていないようで尻込みすることもあったのだが,今日はいそいそと先頭切って診察室へ入っていく(^.^)。でも,診察台の上に上げられると緊張してプルプル震えているのがチョット可笑しい(^o^)

先生
「今日はワクチンですね。体重は13.8kgで1年前から300g増えてますが,肉の付き具合もちょうど良いですよ。」
チャヌパパ
「今朝もランで走って来たのですが,運動は足りているのでしょうかね?」
先生
「筋肉もよく付いているし,爪の削れ具合も良さそうですから,運動量は十分でしょう。ただ,暑いですから,熱中症に気をつけてあげてくださいね。他に気になることはありませんか?」
チャヌパパ
「奥歯に歯石が付きだしたのですが,歯磨きが苦手で・・・(^_^;)」
先生
「見る限りまだ僅かですから,大丈夫でしょう。でも,歯磨き癖はつけた方が良いですね。」 

 自分達の勝手な見立てでは大丈夫と思っていても,やはり獣医さんに太鼓判を押していただければ安心というものだ。チャヌは,幸いなことに大病もせず,順調に育っているようである(^o^) ワクチンの注射もあっさりと終わり,安心して病院を後にした。   
注射の後だから夕方の散歩は控えようかと思っていたが,チャヌは行く気満々。仕方がないので夕食後ロータリーまで往復したが,何とも元気なヤツである(^-^;)




土曜日の早朝ランの様子です(^^♪)


080728-2.jpg
ソラちゃんとボールの取り合い 追いつけるかなぁ~(^_^?)


080728-3.jpg
初めてあった黒ラブのアン君と一緒にゴロ寝(^o^)    


080728-4.jpg
「初めましてm(__)m」  黒柴の風太君とも初めて会いました(^o^)




 チャヌママのお友達から,釣りたての『鱚(キス)』を頂いた。先日も立派な『メバル』を頂いたばかり・・・。『果物』やら『お魚』やら『おこわ』やら,最近,何だか頂いてばかりのチャヌ家である(ラッキー(^-^)V)。
 チャヌパパは,以前はアンケートの趣味の欄には『釣り』と必ず書いていたのだが,ここ5年程は全く釣りに行っていない(^0^;)それまでは,自身の釣行はもちろん,息子達が小学生の頃はハゼ釣りやキス釣り,中学・高校生の頃には一緒にメバルの夜釣りも楽しんでいたのになぁ(^。^;)
 5年前は,ちょうど仕事が忙しかった時期でもあり,体重がピークで(80kg超)腰痛もひどかった時期でもあった。しかし,20年来使っていた愛竿が修復不能な状態で折れてしまい非常なショックを受けたこと,代わりになる竿を買ってはみたが,どうにも手にしっくりこないことが釣りに出かける気を起こさせなかった一番の理由だったと思う。
 しかし,こうして時々新鮮なお魚を頂くと,「また近場のハゼ釣りあたりから再開してみようかな?」とも考えている。
 できればチャヌやチャヌママと一緒に行ける釣り場を探してみよう(^▽^)


080728-5.jpg
「何だろう?食べれるの?」


080728-6.jpg
天ぷら用に開きました(^-^) ※探しても小さなチャヌは隠れていませんよ(^O^)




続きを読む

テーマ : ウェルッシュ・コーギー
ジャンル : ペット

皆さんは首輪派?ハーネス派?

080731-1.jpg
「ヒャッホー!!  ノーリードは楽しいな(^▽^)」


 久しぶりに犬を飼って驚いたことのひとつに,犬をつなぐための用具の種類が多いことがある。以前は,革製の首輪に金属製の鎖というのが定番だったが,今ではショップの専用コーナーには,様々な種類のカラーやハーネス,金属製はもちろん布,ナイロン,綱製のリードなど,色とりどりに並んでいる。当然のごとく,チャヌにはどのような首輪類を着けさせるか悩んだのだが・・・。

チャヌパパ
「『コギスタVol.14』の記事によれば,コギの首輪派は61%で,ハーネス派は27%だそうだ。でも,普段見るコギは圧倒的にハーネスが多いけどなぁ(^.^)」
チャヌママ
「チャヌは散歩でも引っ張るばかりするから,今使っている首輪だと首の周りの毛がすり切れているわ(^_^;)」
チャヌオバ
「早く新しいのに変えてやってよ!貧相な首のコーギーなんておかしいわ(`O´*)」
チャヌママ
「首周りのことを考えたらハーネスが良いのだろうけど,負担がない分犬が引っ張りやすいって書いてあるわよ。」
チャヌパパ
「拾い食い防止のためにリーダーウォークも躾けなければ! よし,思い切ってチョークチェーンに挑戦するぞ(^-^)V」
チャヌママ&チャヌオバ
「ええっ!! あれって扱いが難しいって・・・(^0^; )」
チャヌパパ
「練習するればオレだって出来るさ。雑誌の写真に載ってるコギだってチョークチェーンは多いし・・・。第一,チョークチェーンって格好いいんだよな(^^♪)」
チャヌママ
「チャヌパパ,意外とミーハーだったのね(^_^;)」

 素人の生兵法は良くはないのだが,書籍などをたよりに見よう見まねでチョークチェーンを扱ってみた。当然最初から上手くいくはずもなく,リードでコントロールすることは全く出来ず,チャヌは首が絞まろうとも引っ張り続ける。それでも毎日散歩のたびにリーダーウォークの基本を練習していると,何とかサマにはなってきた。

チャヌパパ
「どんなもんだい(^-^)V チャヌとパパとは一心同体だよな,チャヌ?」
チャヌ
「まあね(^o^) でも,散歩の時だってチョット寄り道したいじゃない?そんな時,チョークチェーンって引っ張ると際限なく首が絞まるから,けっこう苦しいんだよ(^_^;)」
チャヌママ
「そうよねぇ~。見ていて時々「チャヌ,大丈夫?」って思うもの(^0^; )」
チャヌパパ
「う~ん。どうしようかな?」

 そんなある時,愛護センターでのしつけ方教室で,『ハーフチョークチェーン』のことを教えていただいた。ハーフチョークチェーンの存在は,今まで雑誌などで知ってはいたが,ペットショップでは中型犬用を見ることがなかったので,選択肢から除外してしまっていたのだ。幸いなことに,愛護センターのペット用品売り場で中型犬用のハーフチョークチェーンを売っていた(*^o^*)

チャヌパパ
「このタイプならリードを引いても首の太さで止まるから,あまり苦しくないぞ(^o^)」
チャヌママ
「引っ張らない時は緩んでいて首周りの毛も痛めないし,これなら良いわねぇ~(^^♪)」チャヌ
「ボクもこれが良いな。散歩ももっと楽しくなるよ,きっと(^^♪)」


080731-2.jpg
脱着も楽々だし,普段は全然苦しくないよ(^o^)

080731-3.jpg
引っ張ると輪っかが狭くなるんだ(^^;))。。


 結局,普段の散歩用にはハーフチョークチェーン,ドッグランの時にはチョークチェーンと使い分けることとした。
使い慣れてみると,チェーンでなく首輪の部分を持つとワンコの首が抜けやすい点にだけ気をつければ,ハーフチョークチェーンは大変便利である。リードによる指示も伝わりやすいし,ワンコが自由に動いても苦しくない。あまり使っているワンコを見かけないが,結構お勧めのアイテムである。
そして,年甲斐もなく『ええ格好しい』のチャヌパパとしては,やはりランに行くときぐらいはチョークチェーンで決めたいところだ。


080731-4.jpg
胸元で踊るチェーンd(*^0^*)d

チャヌパパ
「ランで疾走し,躍動するチャヌの胸元で踊るチェーン・・・って格好いいぞ!! すごく絵になるなぁ~w(^o^)w 」
チャヌママ
「まったく, 親バカの極みね! だったら少しはブログで使えるような写真撮りなさいよ      (`O´*)」
チャヌ
「パパ・・・,ママってああ見えて結構厳しいよね。パパはいつもママの言いなりじゃん(^m^)」
チャヌパパ
「男ってのはな,結婚したとたんに目に見えない首輪とリードを着けられるものさ(-o-) チャヌはオカマで幸せだったかもしれん・・・(^_^;)」





080731-5.jpg
『落柿窯』さんから組合員30年の表彰記念に頂いた備前焼の大皿(直径34cm) 周囲の胡麻(ゴマ)が見事。中央の緋襷(ヒダスキ)の切れがないと謙遜されていたが,なかなかの作品でしょ(^o^)



080731-6.jpg
上の大皿に『清水白桃』を盛ってみた。毎年知り合いの生産者から『食べ料』を分けていただくのだが,今年の桃も立派です。上品な甘さが口いっぱいに広がります。

食べ料=多少傷があったり規格外などで出荷は出来ないが,食するには何の問題もない農産物を言う




続きを読む

テーマ : ウェルッシュ・コーギー
ジャンル : ペット

プロフィール

チャヌパパ&チャヌママ

Author:チャヌパパ&チャヌママ
名  前  チャヌ -chanu-
犬  種  W・コーギー・P
生年月日  2006.2.25
性  別   ♂
出  身  サクラソーケンネル
  父    ユウジ
  母     ハナ
(2016.7.15 10歳4カ月で没)


名  前  エル -eru-
犬  種  W・コーギー・P
生年月日  2012.8.11
性  別   ♀
出  身  リトルエルフケネル
  父    ファイアー
  母    フェアリー

岡山市在住の50代後半の夫婦が、念願のコーギー多頭飼いを楽しんでいます♪

エルは何歳ですか?
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事+コメント
カテゴリ
FC2カウンター
更新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク